スリクソンZ565ドライバー試打評価

スリクソンZ565ドライバーを試打させていただきました。

打ってみて、大まかな感想としては
「飛んで曲がらない」。

ボールの初速が非常に速いのと
スピン量が少ないボールが飛んでくれますので、
飛距離が出て、さらに曲がりません。

松山選手や多くのプロも飛距離性能と
スピン量の少なさを挙げていますが、
確かにその通りですね。

シャフトは、純正として2本用意されています。
私のお勧めは、Miyazaki Kaula MIZU ですね。

このシャフトの方が、よりスピン量が少なくなりますし、
私の場合は平均して5ヤード飛んでいました。

DUNLOP(ダンロップ) SRIXON スリクソン Z565ドライバー Miyazaki kaula MIZU 5 シャフト装着モデル (ロフト角10,5度, FLEX-S)

松山英樹 テスト Z565スリクソン新ドライバー

松山英樹選手が、
「WGCブリヂストンインビテーショナル」で
スリクソンZ565ドライバーを実戦テストしています。

これまではZ765ドライバーをテストしていました。

全モデルのZR-30は、重心が浅い方で
ヘッド体積も小さかったので
新モデルを使用するならZ765リミテッドモデルかと
思っていましたので意外な選択。

ラウンド後も調整すれば良くなると手ごたえを口にしています。

●ダンロップ スリクソンZ565 ドライバーSRIXON RX カーボンシャフト

スリクソンZ565ドライバー アイアン 発売日

SRIXON Z565 ドライバー、アイアンの発売日が
正式に発表されました。

発売日は、2016年9月10日です。

すでに、Z565ドライバーでは、
塚田陽亮選手がツアー選手権で優勝しています。

それを受けて、
旧モデルのZ545シリーズが
オンラインゴルフショップ最大手の
ゴルフダイジェストオンラインで
大幅割引されています。

Z545アイアンの詳細はこちら

スリクソンZ565 シリーズの登場はいつ?

松山英樹選手が、マスターズ前に
SRIXON Z765ドライバーを実戦テスト。

さらに、マスターズ後、松山選手自身の初戦となった
「ウェルズファーゴ選手権」で
Z765アイアンを実戦で使いました。

スリクソンZ765アイアンの詳細はこちら

これまで松山選手は、ドライバーに関しては
随分前から使い続けているZR-30をずっと使い続けていました。
Z745ドライバーのプロトタイプで色々テストしていたのですが
やっぱりZR-30に戻りました。
今回のNEWモデルは、絶対に松山選手に使ってもらいたいという
ダンロップの意志が伝わってくるのが、
Z765リミテッドモデルドライバーの存在。
これまで使っていたZR-30を進化させたモデルと言えるでしょう。

ZR-30の詳細はこちら

アイアンは、Z945というマッスルバックアイアンを使っていました。

SRIXON Z945アイアンの詳細はこちら

今、松山選手がテストをしているZ765をはじめ
新しいZシリーズの発売は、
恐らく2016年9月10日ということになりました。